ニュース

Synology、アクティブ/アクティブIP SAN「UC3200」を発表

2019/11/18 14:00

 Synology(本社・台湾)は11月15日、企業のミッションクリティカルな環境向けの高可用性iSCSIデータサービスを提供する同社初のデュアルコントローラサーバー「Unified Controller UC3200」と拡張ユニット「RXD1219sas」を発表した。

Unified Controller UC3200

 Unified Controller UC3200は、サービスの稼働時間を最大化できるアクティブ/アクティブIP SANソリューションで、直感的なオペレーティングシステムにより、管理者は一つのポータルから二つのコントローラを管理することができる。Intel Xeonクアッドコア、2.4GHz CPU、8GB DDR4 ECC UDIMM/コントローラを搭載し、Link Aggregationを利用した10GbE環境で14万以上の4Kランダム書き込みIOPSを提供する。

 NTB(Non-Transparent Bridge)や自己暗号化ドライブ(SED)、SATA-DOMなどを備えた専用のハードウェア設計により、企業のほぼゼロのサービス中断を実現し、IT運用をさらに容易にする。また、主流なハイパーバイザーとシームレスに統合した検証済みのiSCSI仮想化を提供する。

 RXD1219sasは、UC3200に最適な2U拡張ユニットと理想的なストレージスペースアップグレードソリューション。UC3200とRXD1219sasを二つのmini-SAS HDケーブルで直接接続することで、最大12台の2.5インチ/3.5インチSASドライブベイを動作中で追加できる。また、SASモジュールやシステムファンを含む重要なシステムコンポーネントを交換して、システムの最大のアップタイムを確保する。
  • 1

関連記事

Synology、個人データを保護するシングルベイNAS「DiskStation DS120j」

DXの基盤を提供するITベンダーにパートナー網拡大の動き、週刊BCNが名古屋市でSIer・リセラーのためのITトレンドセミナー

Synology、中規模オフィス向けの高性能1UラックマウントNAS

Synology、ディープラーニングによるオンプレミス監視ソリューション

Synology、ハイエンド向けストレージの新たな製品ポートフォリオを発表

外部リンク

Synology Japan=https://www.synology.com/ja-jp

「Unified Controller UC3200」=https://www.synology.com/products/UC3200

「RXD1219sas」=https://www.synology.com/products/RXD1219sas

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>