ディー・エヌ・エー(DeNA、守安功社長兼CEO)は、同社が提供するタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の実証実験を、神奈川県横浜市、川崎市の協力のもと、11月27日から開始した。


 MOVとは、スマートフォンのアプリから、一番近くにあるタクシーを呼ぶことができるタクシー配車アプリ。今回、公共施設に専用配車端末「MOV CALL(モブ コール)」を設置することで、スマートフォンを持っていない人や会員登録をしていない人でもタクシーの配車依頼をすることができる。初めての人でも利用できるよう、専用端末にはタッチパネルを搭載した。
 
MOV CALL

 専用端末から通常のタクシーやユニバーサルデザインタクシーを呼ぶことができる。現在地に応じた待ち時間の目安がリアルタイムで表示されるほか、配車依頼後は予約レシートに記載した二次元バーコードを読み取ることで配車状況を確認できる。
 
予約レシート

 専用端末の設置場所は、横浜市立市民病院、済生会横浜市東部病院、横浜市立脳卒中・神経脊椎センター、川崎市立川崎病院、川崎市立井田病院の5カ所で、それぞれ2台ずつ設置する。実証実験期間は20年3月31日まで。需要や利用状況などを検証し、本格導入にむけての検討を進めていく。