米アクセンチュアは1月7日、Broadcomからシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することに同意したと発表した。この買収により、アクセンチュア・セキュリティは世界レベルでのマネージドセキュリティサービスのさらなる強化を実現し、近年急増する顧客からのセキュリティ支援要請に応えていく。合意の条件は非公開。


 シマンテックのサイバーセキュリティ関連サービスには、セキュリティオペレーションセンター(SOC)のネットワークを介したグローバルで発生するサイバー攻撃の監視と分析、サイバー攻撃者と業界固有の脅威に対するリアルタイムな捕捉・分析、インシデント対応サービスが含まれている。シマンテックでは、米国、英国、インド、オーストラリア、シンガポール、日本の6カ国にSOCを保有しており、サイバー攻撃に関するログ収集や技術的情報を安定した通信環境から提供している。

 現在、シマンテックのエンタープライズ向けセキュリティサービス事業はBroadcomの事業部門の一つであり、その拠点は米国カリフォルニア州マウンテンビューにある。世界中で300人以上の専門家を擁し、金融サービス、公益事業、医療、行政、通信・メディア・ハイテクや小売りなど、さまざまな業界のトップクラスの組織にサービスを提供している。

 今回発表したシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業の買収は、Deja vu Security、iDefense、Maglan、Redcore、Arismore、FusionXなどを買収したアクセンチュアの最新の買収案件となる。この買収は、商慣習に基づく完了条件に従って実行され、今年3月に完了する予定。