ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は1月16日、1月26日に開催される「第18回新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」に協賛すると発表した。

新宿シティハーフマラソン Webサイト

 新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソンはハーフマラソン、10km、健康マラソン(3km・2km、ファミリーラン他)の種目があり、明治神宮外苑をスタートし、ゴールとなる明治神宮野球場を目指して、新宿の緑や都市景観を楽しみながら走ることができる。幼児から小・中学生、年配の人、また家族など幅広い世代が参加できる同大会には、全国から例年1万人以上のランナーが集うという。

 また、ハーフマラソンと10kmの部では、日本知的障がい者陸上競技連盟が主催する「第5回日本IDハーフマラソン選手権大会」を同時開催する。MJSグループからは、毎年社員とその家族が参加しており、今年も約60人が大会にエントリーしている。

 MJSでは、企業理念に基づき、文化活動や環境・社会貢献活動などのCSR活動に積極的に取り組んでいる。今回、その一環として、MJSの本社所在地である新宿区で開催される新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソンへの協賛・サポートを行い、地域のスポーツ振興をはじめとする社会貢献活動を推進していく考え。