日本オラクル(ケネス・ヨハンセン執行役最高経営責任者)は2月3日、オラクル・コーポレーションがさらに高まる「Oracle Cloud」への需要に対応する「Oracle Generation 2 Cloud」のリージョンを20年内に36に拡大する一環として、19年5月に開設した東京リージョンに次ぐ日本国内2拠点目となる大阪リージョンを新たに開設し、運用開始したと発表した。

日本オラクルのケネス・ヨハンセン執行役最高経営責任者

 大阪リージョンの開設は、オラクルのデュアル・リージョン戦略の一環で、顧客は災害復旧に向け国内にある複数のリージョンで復元力のあるアプリケーションを展開でき、法的管轄外から機密データをホストせず、コンプライアンス準拠に対応することができる。大阪リージョンでは「Oracle Autonomous Database」から「Oracle Cloud Applications」まで、すべてのOracle Cloudのサービスを提供し、顧客のビジネスの成長とイノベーションの推進を支援する。

 今回、大阪リージョン開設にあわせ、エディオン、ソフトマックス、ファイテンが、各社のミッション・クリティカルなシステムのクラウド化にOracle Cloudを採用することを表明している。

 なお、大阪に加えオラクルは同日、メルボルン(オーストラリア)、ジェッダ(サウジアラビア)、モントリオール(カナダ)、アムステルダム(オランダ)のリージョン開設を発表している。オラクルは、過去1年間で17の「Gen 2 Cloud」リージョンを開設し、現在世界で21のリージョン(16の商用と5つの政府)を運用し、主要なクラウドプロバイダーの中でも最速で拡大している。今後年内までに、カリフォルニア(米国)、ベロオリゾンテ(ブラジル)、ニューポート(UK)、ハイデラバード(インド)、チュンチョン(韓国)、シンガポール、イスラエル、南アフリカ、サンチアゴ(チリ)、サウジアラビアに加え、UAEに2リージョンの開設と運用開始を計画している。