さくらインターネット(田中邦裕社長)は3月10日、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う一斉臨時休校や不要不急の外出自粛の呼びかけを受け、学習支援の一環としてプログラミングの基礎が学べるオンライン講座「Tellus×TechAcademy 初心者向けTellus学習コース」を無料提供すると発表した。3月10日に申込受付を開始し、3月16日から受講が可能となる。

初心者向けTellus学習コースのエントリー画面

 Tellus×TechAcademy 初心者向けTellus学習コースは、プログラミングの基礎が学べるプログラミング初心者向けのオンライン講座。プログラミング言語のPythonを用いて、簡単な画像処理や同社が構築・運用する日本発の衛星データプラットフォーム「Tellus」での衛星画像の加工、数値予測の方法などを学ぶことができる。同講座は、昨年12月にも無料提供を実施し、定員の約2倍となる426人の申し込みがあったという。

 今回の受講対象は、新型コロナウイルスの影響で外出を自粛中の中学生以上の学生・社会人で、定員は約100人。定員を超えた場合は抽選となる。受講期間は4月6日まで。なお、Tellus×TechAcademy初心者向けTellus学習コースは、キラメックスが運営するプログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」で公開されている。

 さくらインターネットでは、今回のTellus×TechAcademy 初心者向けTellus学習コースの無料提供を通じて、オンラインでのプログラミング学習をサポートしていく考え。