NTTデータ(本間洋社長)は1月16日、レジ無しデジタル店舗出店サービス「Catch&Go」の同社デジタル実験店舗に、「顔認証入店」と「店頭在庫と連携したダイナミックプライシング」を導入すると発表した。

顔認証入店が可能な「Catch&Go」

 NTTデータでは、19年9月2日から、レジで支払いをせずに事前に決済手段を登録しQRコードで認証入店することで、手に取った商品をそのまま持ち帰ることのできるレジ無しデジタル店舗出店サービスのCatch&Goを小売業界向けに提供している。今回、NTTデータのデジタル実験店舗に、これまでのQRコード認証による入店に加えて顔パスで入店が可能になる顔認証技術と、店頭在庫情報と連動して価格変更が可能になる電子プライスカードを利用したダイナミックプライシングの機能を導入した。
 
電子棚札を使い在庫情報と連動して価格を変動させることができる

 顔認証入店は、顔パスで入店から決済までを可能とし、新たな購買体験を提供する。また、店頭在庫と連携した電子プライスカードによって、適正価格での販売が可能になり、売り上げ向上や廃棄ロス削減を検証する。

 今後、NTTデータは、顧客やベンチャー企業と協力してより便利で楽しい購買体験を生み出し、同サービスの拡充を加速することで、顧客のデジタル変革を推進する。また、同サービスを22年度末までに小売業界1000店舗に導入することを目指す。