大塚商会(大塚裕司社長)は4月23日、オンプレミスの基幹業務システムと各社クラウドサービスをAPIで連携するサービスの提供を開始すると発表した。

チャットボット for SMILE V

 新サービスは、OSK(宇佐美愼治社長)の基幹業務システムSMILE Vシリーズ専用のAPI連携基盤サービスとしてJBアドバンスト・テクノロジー(吉松正三社長)が開発した「Qanat Universe API-Connect」に、AIチャットボット、経費精算、勤怠管理をはじめとする、さまざまなクラウドサービスと連携する運用(つなぐシナリオ)をつけたサービス。

 オンプレミスの基幹業務システムSMILE VシリーズとクラウドサービスをAPIでつなげる新たなサービスとなり、シームレスにデータを自動連携することができるため、SMILE Vシリーズを導入している顧客は、重要な基幹業務システムをオンプレミス環境に置いたまま、各種クラウドサービス経由で時間や場所を選ばずにデータを活用でき、働き方改革やテレワークにマッチした柔軟なシステム運用が可能となる。

 第一弾として、「チャットボット for SMILE V」を4月24日にリリースした。これは、OSKが開発したAIチャットボットを介して、基幹業務システム「SMILE V 販売」の得意先・仕入先情報や商品情報、売上情報を、外出先からスマートフォンを使って簡単に検索・参照できるサービス。同サービスを利用することで、顧客は従来の営業担当・業務スタッフ間の問い合わせ対応業務を大幅に削減し、AIチャットボットの自動応答により、スピーディに知りたい情報を得ることが可能となる。

 価格は初期費用が9000円、基本10ユーザーが月額2万円、追加5ユーザーが月額1万円。同社では、360社への販売を目標としている。