クオリティソフト(浦聖治社長)は4月30日、急速に変化している働き方に対応したハイブリッドクラウド型IT資産管理「QND Premium」を6月1日に発売すると発表した。


 QND Premiumでは、オンプレミスサーバーとクラウドサーバーの両方から管理可能なハイブリッドクラウドシステムに対応し、社内だけでなくテレワーク中のPCもインベントリ収集や遠隔操作によるサポートが可能となる。これにより、場所を選ばずに安全に働ける環境を提供する。

 具体的には、社内PCの管理状況を把握できるだけでなく、クラウド上のQNDサーバーに接続することで社内・社外問わずPCの管理状況を把握することができる。リモートワークや海外拠点で働く社員のPCの管理状況も把握できるようになる。

 テレワークや海外出張などにより、インターネット経由で接続されているPCでも、社内で勤務しているときと同様に、ヘルプデスクによる遠隔操作でサポートを受けることが可能。また、各地に点在する部門管理者は、クラウドサーバーのウェブコンソールにより担当部門の管理状況をいつでも視覚化することができる。