SCSK(谷原徹社長)は、これまで培ってきたデータ移行に関するノウハウやプロセスを体系化・標準化し、クラウド化にともなう最適なデータベース(DB)を提案・移行・運用に至るまでトータルサポートする「クラウド・データベース・マイグレーション・サービス」の提供を5月26日に開始した。

クラウド・データベース・マイグレーション・サービス

 クラウド・データベース・マイグレーション・サービスは、クラウド環境のグランドデザインからデータベースの選択・移行を、コストを抑え確実・スピーディーに実現するサービス。クラウドへのリフト、バージョンアップ、さらには異種データベース間マイグレーションまで、クラウド化にともない想定されるあらゆるシーンに対し、自動化された実行基盤上への構築とスムーズな移行プロセスの標準化により、クラウド環境のメリットを最大限に享受できる環境を実現する。

 また、インフラ基盤、アプリケーション基盤、開発ツール、開発管理・運用管理ツールを「S-Cred+プラットフォーム(SC+プラットフォーム)」として統一し、4月から順次、全社の開発案件に適用を開始した。移行先をSC+プラットフォームにすることで、より効率的で属人化しないシステム運用が可能となる。

 データベースの移行には、「無償アセスメント」「PoC(概念実証)」「データベース・マイグレーション」「保守サービス」の4つのステップがあり、各ステップの課題に対するソリューションを提供する。これらのサービスを利用することで、クラウド環境へ移行する際の最適なデータベースを提案し、スムーズな移行を実現する。データベースの最適な選択とスムーズな移行によって、データベースの機械学習を含めたコスト削減と自動化によるデータ活用につなげることができる。

 同社では、オンプレミス環境からクラウド環境へのリフト・シフトを検討中の顧客や、データベース・マイグレーションを検討中の顧客、基幹システムのクラウド化によるコスト削減を実現したい企業向けにサービスを販売し、22年までに100社へのサービス提供を目指す。