楽天モバイル(山田善久社長)とNEC(新野隆社長)は6月3日、コンテナ技術を導入したStand Alone方式(SA方式)の5Gコアネットワーク(5GC)を共同開発することに合意したと発表した。


 今回の合意に基づき両社は、楽天モバイルが構築を進める「Rakuten Communications Platform」(RCP)上で動作するコンテナ化されたSA方式の5GCを共同開発していく。両社はNECが開発した5GCのソースコードをベースに、高い信頼性を備えた日本製5GCの構築を共同で進める。楽天モバイルは、日本国内で今年から商用5Gサービスを開始し、21年から、SA方式の5GCを使用した5Gネットワークの提供を予定している。

 共同開発を行うコンテナ化された5GCは、RCPのグローバル展開で重要な役割を担う。楽天モバイルは今後、RCPを世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてサービスを展開し、通信事業者のニーズに沿った機能を提供していく。通信事業者は、アプリケーションストア形式のインターフェースを通じてオープンで完全仮想化されたSA方式の5GCを購入し、各社のネットワークに素早く、簡単に導入することが可能となる。

 楽天モバイルとNECは、SA方式の5GCの共同開発を通じて、モバイル技術をけん引し、日本と世界で信頼性の高い5GCを提供していくことを目指す。