国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、KDDI、シャープ、東京大学大学院情報学環中尾研究室、北海道新冠郡新冠町、日高軽種馬共同育成公社は11月4日から11月12日まで、軽種馬の育成支援を目的に5Gを活用した8K超高精細映像のリアルタイム伝送を行い、トレーニングの様子や厩舎内での様子を遠隔から観察、見守る実証試験を実施した。


 北海道日高地方は、国内の軽種馬の生産頭数約7000頭のうち、約8割を占めている。なかでも新冠町は1000頭以上を生み出す代表的な産地で、地域の重要な産業となっている。

 新冠町の多くの生産牧場は、競りに向けて調教・育成を担当する育成牧場に仔馬を預ける。生産牧場から預けている仔馬の状況を確認したい、また関東、関西などに在住の馬主からは、レースに出走するまでの仔馬の育成状況を遠隔地から高精細映像で観察したいというニーズがある。

 実証実験では、日高軽種馬共同育成公社に5Gネットワーク環境を構築し、ドローンに搭載した8Kカメラから超高精細映像を通じて、走行している軽種馬のトレーニングの様子や足運びまで鮮明に観察することができた。
 
トレーニングコースを走る軽種馬の観察

 加えて、5Gエリア化した厩舎内に設置した8Kカメラの映像や、4Kカメラ4台の映像を合成したマルチアングルの8K映像を事務所などの遠隔地へリアルタイムに伝送することで、厩舎やトレーニングコースに出向くことなく歩様や毛並み、筋肉の付き方、骨格などの育成状況・健康状態などを確認できる。
 
厩舎内の軽種馬観察

 8K超高精細映像の5Gによるリアルタイム伝送が可能になることで、遠隔診断や健康状態の確認による軽種馬育成の効率化を実現するほか、ドローンから撮影した軽種馬が疾走する臨場感溢れる映像を観光施設や交通拠点などで放映することで、軽種馬への興味喚起や観光振興への貢献に期待が寄せられる。