アイティフォーは7月7日、小売業向けソリューションとして、従来の小売業向け基幹システム「RITS(リッツ)」にCRM機能を強化したPOSソリューション「RITS-DX」の販売を7月1日に開始したと発表した。

「HP Engage One」を使ったPOSソリューション「RITS-DX」

 RITS-DXは、POSシステム、販売管理システム、顧客管理システム、店舗情報支援システムの基本機能と、顧客分析システム「VAL(バル)for RITS」とスマホアプリ「RI-ppli(リプリ)」のオプション機能で構成されるソリューション。VAL for RITSでの高度な分析により顧客をセグメント化し、会計時には顧客ごとのクーポンの出し分けやポイント付与率の変更、キャッシュバック券の発行など様々なキャンペーンを打つことができる。

 また、顧客管理システムと連動したネイティブアプリのRI-ppliを導入することにより、会員証の自動発行やセグメントPUSH機能も装備しているため、短期間でのCRMシステムの構築が可能。これらを利用してPDCAサイクルを回すことで、より精度の高いCRMを支援し、One to Oneマーケティングを実現する。

 そのほかにも、チェーン店展開する企業では実用性の高い「大手デベロッパー対応機能(会計レポートの作成、CAT端末連動)」「セール前の商品予約対応機能」「催事用の臨時レジ対応機能(簡易レジ設定、オフライン時のCRM施策実現)」「ECサイトとの顧客・売上・電子ジャーナル統合機能」など、多くの機能を標準装備しており、本部・店舗業務の大幅な効率化が期待できる。

 さらに今回、POSハードウェアとして日本HPが販売するAll-in-One型POS HPリテールソリューション「HP Engage One」を標準採用。店舗内の空間作りにこだわり、モダンでスタイリッシュなデザインと高いセキュリティを保持している。なお、同社以外の各社POSハードウェアにも対応できる。

 今後は、AIを取り入れることで高度なデータ分析を可能にするCRM機能の実現に向けて取り組んでいく予定。アイティフォーでは、小売業の顧客のさらなる売上向上を支援できるよう、引き続きシステム改善に注力していく。