NECソリューションイノベータは7月9日、ヘルスケア事業を加速・強化するため、「フォーネスライフ株式会社」を設立し、米SomaLogicとの協業を開始すると発表した。

NECソリューションイノベータの杉山清 代表取締役執行役員社長(左)と
フォーネスライフの江川尚人 代表取締役CEO

 新会社のフォーネスライフは、SomaLogicが保有する血中タンパク質の解析技術と、NECグループが保有するAI・解析技術を組み合わせることで、現在と将来の健康状態、疾病リスクをわかりやすく可視化する。加えて、疾病リスクに合わせた食生活の改善や運動の提案など、一人一人に適した改善策とあわせて、それを実行した場合の結果をシミュレーションして提示することで、疾病予防・健康改善に向けた自発的な行動変容を促す。これにより、「誰も病気にならない未来、誰もが自分らしく生きられる社会」の実現を目指す。

 具体的には、SomaLogicの技術は、75μlの血液成分から5000種類以上のタンパク質の解析を可能にするため、少量の血液から健康に関する大量のデータを取得することができる。この技術を日本で活用するために、NECソリューションイノベータとフォーネスライフは、研究機関と共同で、日本人向けの疾病予測アルゴリズムを確立する。

 また、血中タンパク質の解析結果と日本人向けの疾病予測アルゴリズムを組み合わせ、心血管と脳血管疾患の再発リスクを予測して改善策を提案するサービスを開発し、提携する医療機関などから10月にサービス提供を開始する。

 さらに、SomaLogicの技術と日本人向けの疾病予測アルゴリズムを活用し、ヘルスケア企業・団体が提供するサービスの品質向上や、新たなサービスの共同開発・提供を行う。

 今後、フォーネスライフは心血管・脳血管疾患(初発)や認知症など対象疾病の拡充を進めるとともに、提携先の拡大を図る。さらには、事業者、医療機関、研究機関をつなぐエコシステムの創造に向けて、ヘルスケア以外の業種・業界の企業ともパートナーシップを組み、29年度に売上高1000億円を目指す。