キヤノンマーケティングジャパングループのスーパーストリームは7月15日、会計業務に特化した人工知能(AI)を搭載した「SuperStream-NX AI-OCR(請求書)」の販売を8月1日に開始すると発表した。

「SuperStream-NX AI-OCR(請求書)」の画面イメージ

 SuperStream-NX AI-OCR(請求書)は、OCRに会計業務に特化したAI技術を組み合わせ、請求書の入力処理から会計システムへの連携までの一連の業務プロセスを自動化するもの。請求書情報の読み取りから仕訳データ、支払伝票作成までをデジタル化、自動化することで、煩雑な請求書の入力業務の負担軽減と生産性向上を実現する。

 具体的には、数多くのSuperStreamユーザーが受領し読み取った請求書(PDF)をディープラーニングで学習し人工知能の精度を高めることで、フォーマットを問わず様々な請求書の画像解析(請求書情報読取)に対応する。AIを活用することで、読み取った請求書情報を基に勘定科目を推論することが可能で、仕訳データを自動作成し会計システムとスピーディーに連携する。また、個社ごとに個別ルールを設定できるため仕訳の精度をさらに高めることができる。

 税別価格は、1セット年額120万円から。同社では、企業のバックオフィスを支える経営基盤ソリューションとして、パートナーとともに中堅・大手市場へ積極的に展開し、21年末までに導入企業1万社を目指す。