ラネクシーは8月4日、NTTテクノクロスと協業し、ラネクシーが開発したPC操作ログ収集・管理ソフトウェア「MylogStar (マイログスター)」と、NTTテクノクロスが提供する画面操作録画ソフトウェア「iDoperation SC(アイディーオペレーション・セキュリティカメラ)」を連携すると発表した。これによりユーザーの詳細なPC利用履歴が把握可能となる。


 MylogStarは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できるクライアント操作ログ管理システム。一方、iDoperation SCは、PCやサーバーの画面を動画で記録することで、情報漏えいにつながる不正行為を抑止し、問題発生時には素早く簡単に追跡できるソフトウェア。

 今回の連携では、テレワーク環境やリモート作業環境で、MylogStarの他では取得できない高精度で豊富な操作項目のログ情報によって、不正の疑いのある行動をより正確に、広範囲に検索可能とし、さらにそのログ情報をiDoperation SCで操作画面の記録によって補完することで、細部まで追跡することが可能となる。

 ラネクシーでは、今後もMylogStarの機能強化と新機能の追加を計画しており、情報化社会の企業リスク低減と業務効率化支援で、企業価値の向上をサポートしていく方針。