NTTテクノクロスは、NTT研究所の高精度音声認識AIを搭載し、会議などの議事録作成を効率化する「SpeechRec Plus for Meeting」を8月31日に発売する。

「SpeechRec Plus for Meeting」の利用イメージ

 新製品は、NTT研究所の世界最高レベルの音声認識AIをベースに開発した高精度音声認識ソフトウェア「SpeechRec」を議事録作成に最適化したもの。長い発話や専門用語の自動書き起こしを可能にすることで、議事録作成の効率化を実現する。

 具体的には、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した音声認識AIを搭載し、約1000万の語彙に対しても高速・高精度の音声認識が可能。また、会議の膨大な例文を学習し、文脈の理解が難しい長時間の会議音声にも柔軟に対応する。

 各業界の単語辞書や発話例などを学習した音声認識モデルをオプションでカスタマイズすることで、専門用語が多く話される会議にも対応できる。一般的な音声認識モデルだけでなく、地方議会や金融分野などの音声認識モデルも揃えている。さらに、管理機能により、ユーザーごとに音声データの登録・編集・閲覧権限を設定できる。これによって、一部にしか公開できない会議などの議事録作成にも利用できる。

 税別価格は、クラウド版が初期登録料15万円、利用料は月額12万円から。オンプレ版は構築費が15万円から、ライセンス料が月額12万円から(原則6カ月以上)。