ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード)は9月8日、テーブルトップのファイアウォールアプライアンス「Firebox T Series」の新モデルとして「T20」「T40」「T80」を発表した。

Firebox T80

 新モデルは、ホームオフィスや中小規模オフィス環境に適しており、コンパクトサイズながらビジネスに耐えうるインターネットスピードを実現しつつ、エンタープライズグレードの広範なセキュリティサービスを提供する。新モデルを導入することにより、中小規模組織やこうした組織をサポートするマネージドサービスプロバイダー(MSP)は、ゲートウェイアンチウイルス、コンテンツ/URLフィルタリグ、アンチスパム、不正侵入検知・防御、アプリケーション制御、クラウドサンドボックス、エンドポイントプロテクションなど、シンプル・低価格で管理が容易なパッケージとして利用することができる。

 Firebox T20は、ホームオフィス/スモールオフィスでセキュリティ機能を必要とする組織やマネージドサービスプロバイダーに適したモデル。スタンドアロンソリューションまたは本社による集中管理方式で運用することができる。また、Total Security Suiteと併用することで、ネットワークに対する外部侵入者のブロック、不正なメール添付ファイル、フィッシング詐欺、ランサムウェア攻撃などあらゆる攻撃を抑止するためのトラフィック監視を可能にする。さらに、Wi-Fiに対応したT20-Wモデルのアプライアンスも用意しており、802.11ac無線機能を備えている。

 Firebox T40は、コンパクトサイズの経済的なセキュリティアプライアンスとして、スモールオフィス、支社、小規模の小売店舗などの分散拠点環境向けにエンタープライズレベルのセキュリティを提供する。ウォッチガードのTotal Security Suiteと併用することで、ランサムウェア対策やAIを活用した脅威対策など、高機能ファイアウォールと比較しても遜色ないセキュリティ機能を利用できる。また、T40-Wでは、優れたダウンロード/アップロードスピードを実現する802.11ac無線機能を搭載している。

 Firebox T80は、多様な中堅規模オフィス環境に理想的なモデルで、他のテーブルトップファイアウォールと比較して卓越した高スループットとフルUTMプロテクション機能を提供する。また、拡張モジュールオプションも利用可能で、カスタムポート構成により、アプライアンスからダイレクトで光ファイバーに接続できる。このSFP+モジュールでは、1Gbまたは10Gbの光ファイバーポートを用意しており、中堅規模組織やMSP接続ニーズに応じて利用することができる。さらに、テーブルトップアプライアンスとしては上位機能となる2つのPower over Ethernet(PoE+)ポートも備えている。