英Armは、米国時間10月6日から8日までオンラインで開催した開発者向けカンファレンス「Arm DevSummit 2020」で、Armの開発ツールに関する最新アップデートを公開するとともに、マイクロソフトとの組み込み、IoT、機械学習(ML)分野での開発者支援に向けた協業について発表した。


 Armは今回、IoTのエンドポイントデバイスでのAIのイノベーションを加速するため、マイクロソフトと協業する。Azure Cloud環境でのMLモデルのトレーニングやチューニングから、Armベースのエンドポイントデバイス全体を対象としたモデルの最適化、導入、運用に至るまで、AIワークロードの開発ライフサイクル全体を最適化・迅速化する。両社は今後、コラボレーションを共同で推進していく。

 マイクロソフトとの協業を通じて、組み込み、IoT、MLの開発者コミュニティで、より効果的な開発体験の実現を目指す。開発者を最優先に掲げることで、イノベーターとしての開発者は今後、よりよいソリューション、そしてよりよい未来のユーザー体験を、すべての人々に簡単に提供できるようになる。

 Armの次世代開発ソリューションは、最新のウェブテクノロジーのもつ最高の要素に加えて、マイクロコントローラ開発キットとして定評のあるArm Keil MDKや、最も包括的なC/C++組み込みツールスイートのArm DevelopmentStudioが有する成熟した開発機能とデバッグ機能を兼ね備えている。これにより、幅広いマイクロコントローラと開発基盤を対象に、より迅速に直感的な方法で製品の開発プロセスを遂行できるようになる。Mbedのプラグ・アンド・プレイ体験と、Keil MDKやMicrosoft Monacoエディタのプロフェッショナル・サポートの組み合わせも現実のものとなる。低消費電力デバイスに対応した、こうしたアジャイルで最新・堅牢なツールチェーンによって、開発者はプロトタイプの作成から生産、大規模展開までスケールアップできる。

 Armのツールチェーンでの取り組みと、今回のマイクロソフトとの最新の協業に代表される広範なイニシアチブを通じて、今後はあらゆる開発者に対し、拡張的でリアルタイムのデータ処理の需要に応えるために必要な基盤を提供することが可能となる。開発者はこれらのツールを活用することで、自動化機能を追加し、アプリケーションの設計、コーディング、カスタマイズをシンプルに行い、生産性を高めてより迅速に作業を完了できる。また、データサイエンティスト、MLエンジニア、IoT開発者は、優れたツールで共同作業を行うことで、新たな市場機会に迅速に対応することができる。

 こうした新たな開発スタイルに対するArmのコミットメントは、クリエイティビティと柔軟性を目指した長期的な取り組みを反映したものとなる。ソフトウェア開発は、現在のテクノロジー分野でも群を抜いて複雑な課題だが、こうした作業を可能な限り簡単にするツールを提供することで、Armは、開発者が自らのアイデアを迅速・効率的に現実化できる世界の実現に貢献していく考え。