理経と自律制御システム研究所(ACSL)、VFRは12月9日、自動車の自動運転の検証にも用いられているVR(バーチャルリアリティ)画像の生成技術を応用し、ドローン活用現場をリアルに構築したエミュレータを共同で開発すると発表した。


 ACSLは、今年8月発表の中期経営方針「ACSL Accelerate FY20」で、非GPS環境下である煙突や閉所環境で使用する用途特化型の量産機体の開発を戦略の1つとして掲げている。非GPS環境下では、ACSLの自律飛行技術であるVisual SLAMを搭載したドローンが用いられることで点検が可能となっており、今後もさらなる技術開発を進める必要がある。

 VFRは、ドローン事業者、エンドユーザー向けのサービス提供者、エンドユーザー向けにソリューションの提供を行っており、ACSLの用途特化型機体を共同で開発している。産業用ドローンの開発では、実際の現場で実証実験を重ねることで、現場での課題解決に生かすことのできるドローンをカスタマイズして作り上げていく。しかし、実証実験のためには、現場での通常の運用を止める必要があるため、実施までに時間を要することが課題として挙げられる。また、ドローン開発を効率的に行うためにエミュレータを用いるものの、従来のエミュレータはVisual SLAM飛行に用いられる様々なカメラには対応していないことから、必要な検証ができないという課題があった。

 ACSLとVFRは、これらの課題により、技術開発や社会実装に遅れが生じないように、ドローン開発用のエミュレータを新たに開発する必要があると考えていた。

 理経は、ITとエレクトロニクス業界のソリューションベンダーであり、建物や路面などの環境モデルと、車両シミュレータによる車両モデルを統合しVR上に再現する技術を開発している。現実と同等のVR空間を再現することが可能で、自動運転の検証にも用いられている。

 今回、理経のもつVR画像を生成する技術と、ACSLとVFRがもつドローン開発技術と実証実験の経験から、ドローン開発のための新たなエミュレータを開発することができると考え、共同開発するに至った。

 理経とACSL、VFRの3社は今後、ドローン活用現場をリアルに構築し、ステレオカメラ、赤外線カメラ、レーザー光を利用するLiDARセンサーなど、点検用ドローンに使用されるカメラに対応したエミュレータを共同で開発することで、ドローン開発の効率化を図っていく。また、ドローン開発にエミュレータを用いることで、煙突点検ドローンや閉鎖環境点検ドローンなどの用途特化型機体の実証実験を重ねていき、カスタマーエクスペリエンスの向上を目指す。