NTTデータイントラマート(イントラマート)は4月8日、ケインズアイとコンサルティングパートナー契約を結んだと発表した。

 イントラマートでは、これまで「Adobe Sign」を始めとする各種電子サインサービスとプロダクト連携し、企業の契約行為にまつわる一連の業務プロセスのデジタル化を積極的に支援してきた。一方、電子契約の導入を検討する際、単なるシステムの導入だけでなく、実際の業務に関する法令対応、運用設計についてアドバイスを求める声が多くあった。

 今回、Adobe Signの業務/法令対応コンサルティングパートナーでケインズアイコンサルティンググループであるケインズアイとのパートナー契約により、ケインズアイコンサルティンググループが強みとする法令対応や税務会計、人事労務の業務コンサルティングとともに、イントラマートのDigital Process Automation Platform「intra-mart」とAdobe Signの連携による業務プロセス全体のデジタル化の提案がワンストップで可能となる。これによって、電子契約導入による業務効率化とあわせて、会社法や電子署名法、電子帳簿保存法などの各種関係法令への対応まで幅広く実現できる。