パナソニック モバイルコミュニケーションズは、7.0型頑丈タブレット「TOUGHBOOK(タフブック)FZ-S1」を、国内法人向けに5月20日から順次発売する。価格はオープン。

 TOUGHBOOK FZ-S1は、頑丈設計でありながら小型軽量7.0型の高解像度・高輝度Androidタブレット。デザインにもこだわり、表面は接客にも最適のスタイリッシュな八角形パネル、裏面は独自のグリップ構造で握りやすく、現場業務に適した設計となっている。

 さらに、冷凍・冷蔵倉庫など低温環境下での使用を想定して耐環境性能を強化した。物流・運輸、流通・小売り、インフラ・公共サービス業など、ICT化が進む過酷な現場での業務を快適にサポートする。

 主な特徴は、IP65/67準拠の防塵防滴試験、MIL-STD-810H準拠の耐振動試験、動作環境試験(-20℃から50℃)、150cmからの落下試験を実施。重さは約426gで、同社の従来製品と比べ約110g軽く、約10%薄いコンパクト設計としている。

 屋外で見やすい約500cd/m2(平均)の高輝度画面を採用し、反射防止用Clear ARフィルムを貼付。手袋装着時や水に濡れた手でもタッチ操作が可能で、手袋モード/ペンモード/水滴誤動作防止モードを搭載している。また、電源を切らずにバッテリパックを交換できるウォームスワップ機能に対応。オプションコンフィグサービスで、バーコードリーダー(縦方向/横方向)を搭載することもできる。

 CPUには「Qualcomm SDM660」、OSにはAndroid 10を搭載した。企業のIT管理者によって管理が可能なダウンロードサイト「managed Google Play」、初回起動時に企業ポリシーに合わせたセットアップが自動で完了する「ゼロタッチ登録」などが利用できる。さらに、EMMツールと連携し、IT管理者による細かな設定・一元管理を行うことができる。