富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は5月27日、帳票管理などの定型業務を効率化するサービス「DocuWorks 自動化パッケージ(WinActor)」の提供を開始した。同社のドキュメントハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks」とクラウドストレージサービス「Working Folder」に、NTTデータのRPA「WinActor」をパッケージ化し、月額サービスとして提供する。

帳票管理業務の一例
 
 DocuWorks 自動化パッケージでは、WinActorで作成したロボットが、DocuWorksによる属性付与や文章編集、Working Folderへの格納を自動で行う。例えば、見積書や契約書などの帳票を管理する業務の場合、見積書などの紙の帳票を複合機でスキャンすると、DocuWorks文書に変換される。その後の検索を容易にするため、ロボットがスキャンデータに対して日付やファイル名などの属性を自動的に付与し、Working Folderに格納する。ユーザーは社外からも文書を閲覧できるため、業務効率化が図れるという。

 また、RPAを導入後、自動化した業務プロセスに変更が生じた際は、ロボットの改修が必要となるが、DocuWorks 自動化パッケージでは、Excelでロボットの設定変更ができるという。加えて、kintoneなどのシステムと連携できるロボットをあらかじめ作成している。

 価格は月額6万9800円から。