QNAPの正規代理店であるフォースメディアは、QNAP NASの新機種として、AMD Ryzenプロセッサ、10GbE接続とPCIe拡張性を備えた高信頼性ZFSストレージ「TS-h2477XU-RP」と「TS-h1677XU-RP」を販売開始した。

TS-h2477XU-RP

 新製品は、AMD Ryzen 7プロセッサ(8コア/16スレッドTurbo Coreでの最大4.4GHz)を搭載。ZFSベースのQuTS heroオペレーティングシステムが稼働する同ストレージは、データの整合性を優先し、ブロックレベルのインラインデータ重複排除と圧縮、ほぼ無制限のスナップショット、リアルタイムSnapSync、SNMPプロトコル、Azure ADドメインサービスに対応している。

 特に、ミッションクリティカルなファイルサーバー、仮想化サーバー、仮想デスクトップ基盤(VDI)、共同作業によるビデオ編集、または効率的なファイルバックアップ/リカバリーソリューションなどの用途でパフォーマンスを発揮する。

 主な特徴として、内蔵の二つの10GbE SFP+ポートは、iSERをサポートし、仮想化、集中的なファイルアクセス、大規模なバックアップ/リストアなど、帯域幅を必要とするアプリケーションを強化する。また、PCIeスロットにより、5/10/25GbEアダプター、QM2カード、ストレージ拡張カードをインストールすることで、アプリケーションのパフォーマンスを向上することができる。さらに、SSDキャッシュアクセラレーションによってランダムリード性能が向上し、IOPS重視のアプリケーションを高速化する。

 ストレージの仮想化に対応し、仮想マシンやコンテナを直接ホスティングすることが可能。クラウドストレージゲートウェイは、NAS上に確保されたキャッシュスペースを利用して、クラウドへの低遅延データアクセスを確実にし、ハイブリッドクラウドアプリケーションを実現する。

 クラウドデータと仮想マシン(Google Workspace、Microsoft 365、VMware、Hyper-Vを含む)のバックアップ/リストアに対応し、ビジネスクラスのバックアップセンターを可能とする。

 価格は、単体モデルがオープン。HDD搭載モデルは、TS-h2477XU-RPが167万円(1TB×24)から、TS-h1677XU-RPが128万7000円(1TB×16)からとなる。