日本オラクルは7月29日、CXソリューション群「Oracle Advertising and CX」の事業戦略をアップデートするとともに、新機能を発表した。カスタマーデータプラットフォーム(CDP)の「Oracle Unity」とサブスクリプション管理製品「Oracle Subscription Management」を注力製品と位置づけ、「DXを加速させる顧客の支援をしていく」(桑野祐一郎・理事CXクラウド事業本部長)という。
 
桑野祐一郎・理事CXクラウド事業本部本部長

 桑野本部長は22年度のCX事業戦略として、データドリブンな顧客体験(CX)を提供し、その上で新しい収益源の創出や新しい販売チャネルの構築を総合的に支援していくとした。また、オラクルのCXソリューションの特徴について、「フロントオフィスからバックオフィスに至るプロセスで収集したあらゆる顧客情報をシングルソースで管理し、強力なAIなど最新テクノロジーを活用することで高度にパーソナライズされたCXを提供できる」と説明した。