クラウドネイティブのネットワーク脅威検知とレスポンス(NDR)を提供する米ExtraHop Networks(ExtraHop)は、日鉄ソリューションズの子会社であるネットワークバリューコンポネンツ(NVC)とExtraHopのNDRプラットフォーム「Reveal(x)」の取り扱いについて販売代理店契約を結び、8月に販売を開始する。


 Reveal(x)は、NDRとしてIT環境の包括的な可視化、クラウドベースの機械学習を利用したリアルタイム脅威検知、インシデント調査・対応に必要となる情報を即座に提供することで、企業がサプライチェーン攻撃、ゼロデイ攻撃、APT(高度な持続的攻撃)などの高度な脅威の一歩先を行くことができるようサポートする。

 さらに、NDR機能に加え、ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス監視の機能もあわせもつプラットフォームとなり、セキュリティ部門だけでなくネットワークやアプリケーションチームが抱える問題についても効果を発揮する。企業は組織のサイロ化を解消することで、迅速な情報連携を実現し、問題解決にかかる時間を劇的に短縮できるほか、ツール統合によるコスト削減など多くのメリットを得ることができる。

 NVCは、コンピューターネットワーク関連製品の企画から開発、販売、そしてシステムの構築、運用・管理まで、統合的にソリューションを提供するインテグレーター。同社では、これまでEDRなどのセキュリティ製品を扱っており、今回、ExtraHopのNDRプラットフォームをラインアップに加えることで、より統括的にセキュリティソリューションを顧客に提供することが可能となる。