セイコーソリューションズは、金融機関向け電子契約サービスが中央労働金庫に無担保ローンとカードローン手続きの印鑑レス・ペーパーレス化をサポートするための基盤として採用され、中央労働金庫の団体会員の組合員向けに融資手続きペーパーレスシステム「R-NEXT」を共同開発した。R-NEXTは、昨年11月30日から全店導入され、6月30日時点で1万5086件のエントリーがあり、うち1万34件が融資実行済みとなった。

セイコートラストサービスの領域

 中央労働金庫では、セイコーソリューションズの金融機関向け電子契約サービスの導入により、申込受付から融資実行まで対面・非対面ともに印鑑レス・ペーパーレスでの取引が可能となり、あわせて返済用口座の作成や住所変更もシームレスに受付ができるようになった。また、融資系サブシステム(審査支援システムや債権書類管理システムなど)との直接連携や入力項目の相関チェック機能で事務堅確化も図っている。