アクロニス・ジャパン(アクロニス)は、法人向け製品の販売を10月1日からサブスクリプションライセンスへ移行する。これに伴い、9月30日で法人向け製品による永続ライセンスの新規販売は終了する。

 アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型のサイバープロテクションソリューションに注力しており、今回の移行によって、増え続ける最新のサイバー脅威に晒される企業や組織に対して、常に最新の技術とソフトウェア、技術サポートを提供することが可能となる。

 ユーザーにとっては、IT調達の主流となりつつあるサブスクリプションライセンスを利用することで、「最新の脅威に対して常に最新の技術を適用して対応可能」「容易な購買管理とスケーラビリティ」「設備投資(CAPEX)の低減が可能」といったメリットがあり、事業に集中できるようになる。

 なお、この移行の影響を受けるのは「Acronis Cyber Backup」「Acronis Files Connect」「Acronis Cyber Files」の対象製品に関連した新規と既存顧客に対する「永続ライセンスの新規販売」のみとなる。現在有効なライセンスの保守契約については、アクロニス製品サポートライフサイクルポリシーに準じ、引き続き更新することが可能。サポート対象バージョンについては「アクロニス製品サポートライフサイクルポリシー」に準じるとしている。

 また、これにあわせて最新のサイバープロテクションソリューション「Acronis Cyber Protect」のサブスクリプションライセンスを標準価格から10~60%の割引価格で購入できるキャンペーンも実施する。