ネオジャパンは、グループウェア「desknet's NEO」でペーパーレス会議を実現する新機能「SmartViewer(スマートビューアー)」を搭載した最新バージョン6.1の提供を9月1日に開始した。

ペーパーレス会議「SmartViewer」

 SmartViewerは、役員会議や自治体・議会など、紙資料を利用することの多い会議体をペーパーレス化し、会議運営のコストを削減する。desknet's NEOの標準機能として、追加費用なく利用できる。

 desknet's NEOのスケジュールに添付された会議資料を用い、それぞれの参加者がスケジュールからSmartViewerを開くことで、進行役が開いている資料やページめくりなどの操作を手元の端末でリアルタイムに確認できる。対面型の会議のほか、各種ウェブ会議ツールと組み合わせても利用でき、紙の利便性を失うことなく効率的なペーパーレス会議を実現できる。

 ペーパーレス会議の準備は、スケジュールから会議の予定にPDF形式の会議資料を添付するだけ。会議の参加者は、スケジュールからSmartViewerをクリックするだけで、ペーパーレス会議に参加できる。

 ページめくりや資料の切り替えなど、会議の進行役が行った操作が全ての参加者にリアルタイム同期される。ポインターを使って参加者の注目を集めたり、ペンやマウスを使って資料に手書きのメモを加えたりと、会議を円滑に進行できる。会議の進行役はいつでも交代できるため、個々の参加者による報告会でも利用できる。

 会議の参加者は、進行役との同期を一時的に解除して前後のページを参照したり、自分用に手書き・テキストのメモを残したりできる。紙資料特有の利便性を失うことなく、資料を確認・活用できる。

 ネットワークの負荷が高くなる「画面転送方式」ではなく、最初に文書ファイルを各端末にダウンロードし端末側で内容を表示・同期する「事前ダウンロード方式」を採用。ウェブ会議と組み合わせて利用しても、ストレスなく利用できる。

 価格は、クラウド版のdesknet's NEOが1ユーザー月額440円、AppSuiteが1ユーザー月額352円。パッケージ版(スモールライセンス)のdesknet's NEOが100ユーザー41万5800円から、AppSuiteが100ユーザー33万2200円から。パッケージ版(エンタープライズライセンス)のdesknet's NEOが300ユーザー165万円から、AppSuiteが300ユーザー132万円からとなる。