オーティファイは、テスト自動化プラットフォーム「Autify」でSalesforceアプリケーションをはじめとするさまざまなアプリケーション開発に利用されているShadow DOMのサポートを開始する。


 Shadow DOMは、Webアプリケーション開発の簡素化を目的にGoogleなどによって推進される「Web Components」と呼ばれるコンセプトにつながる仕様の一つ。さまざまなシーンで利用されるようになっており、特にSalesforce Lightningアプリケーションで利用が標準になっている。

 Autifyのレコーダーを利用すれば、「Shadow DOM要素」も簡単にレコーディングし、テストシナリオの作成が可能。Salesforceアプリケーションでも開発からデリバリまでの一貫したプロセスが管理できるようになる。PCブラウザーに加えてモバイルブラウザーもサポート。Salesforceのバージョンアップ時にも、簡単にテスト実行を行うことができる。