ウイングアーク1stは、配信先のデータ化を促進する機能やグループ配信機能などを追加した「invoiceAgent TransPrint(インボイスエージェント トランスプリント)」の最新版の提供を9月13日に開始した。

「invoiceAgent TransPrint」
最新バージョン

 invoiceAgent TransPrintは、既存システムを変えることなく請求書・支払通知書・注文書・納品書などのさまざまな企業間取引文書の電子化と配信・返信を可能にする。取引にひも付く文書の一元管理やインボイス制度・電子帳簿保存法にも対応している。受信者サイトでSVF検索フィールド、OCR機能で読み取ったデータをCSV形式でダウンロードが可能。マスター表をもとに設定された条件でグループ配信することもできる。さらに、メールアドレス収集サイトや受信者サイトのUIを24の多言語に翻訳できるようになった。