シネックスジャパンは、Yealink Network Technology(本社・中国、Yealink)が提供するビデオ会議システムなどのUCソリューションとSIP電話の提供を9月16日に開始した。今回の取り扱い開始で、法人ユーザーは同社チャネルパートナーを通じ国内のあらゆる場所でMicrosoft Teams対応製品含めた全製品の入手が可能となる。


 ウィズコロナ時代に入り、ウイルス感染防止対策と企業のアジリティ(俊敏性)確保に向けたハイブリッドワーク(リモートワークとオフィスワークを組み合わせた働き方)への移行必要性がいわれるようになって久しいが、現実には各種障壁によりハイブリッドワークの実現が難しいケースも生じている。例えば、ビデオ会議による疲労で複数社員の生産性が下がり対面会議に戻さざるを得ないケース、または携帯電話番号は外部非公開のため、電話番としてオフィス閉鎖時でも一部社員が出社せざるを得ないケースなどが挙げられる。

 こうした背景からシネックスジャパンは、ヒアリング疲労を感じさせないビデオ会議システムを含めたUCソリューション、在宅でのMicrosoft Teams会議への参加・電話番などが可能なSIPフォンなどの提供を目的に、日本初のYealinkのディストリビューターとして提携に至った。

 主な製品の特徴として、UCソリューションの「Yealink ミーティングコラボレーションBar A20&A30」は、カメラ・マイク&スピーカーを一体化し、セッティングやメンテナンスを容易に行うことができる。タッチパネル&ビデオバーはケーブルでの接続が不要で、ワンタッチで会議への参加が可能。カメラはAI機能&スピーカートラッキング&オートフレーミングに対応し、ベストの構図をデバイスごとに切り出す。

 ミドルレベルシリーズのSIPフォン「T4Uシリーズ」は、Yealink HD技術により高精細な音声の通話を実現。二つのUSBポートに対応するため拡張台/ヘッドセットなどのアクセサリの2種類同時利用が可能となるYealink独特のノイズキャンセリング機能により、高音質の音声で会話できる。