富士ソフトと凸版印刷は、デジタルマーケティング事業拡大とICT開発体制強化において10月12日に協業を開始した。マーケティングDXのICT支援を目的に、サービス開発や基盤整備を共同で推進していく。


 協業では、凸版印刷が顧客に抱える全国の小売りや流通、メーカーなど、さまざまな業種に対してデジタルマーケティング領域のソリューションを提供してきたノウハウや顧客ネットワーク、富士ソフトがもつICT分野での技術と実績をもとにした開発力やAIなどのノウハウを融合する。

 これによって、マーケティングオートメーション(MA)やデータマネージメントプラットフォーム(DMP)構築、Web/アプリ構築などのサービス開発や基盤整備を共同で行っていくことで、顧客に適したソリューションを提供。両社におけるデジタルマーケティング事業の拡大を目指す。