freeeは、同社が金融機関とともに提供している入出金明細管理サービス「freee入出金管理」のPC版に「タグ・フリーワード検索機能」を追加した。

タグ・フリーワード検索機能

 従来、通帳やインターネットバンキングの利用明細に記入された内容だけでは資金使途が分かりにくいことがあり、通帳やインターネットバンキングまたは明細を紙に印刷して用途をメモしておきたいというニーズがあった。また、通帳や紙に印刷してしまうと過去の明細の検索ができないこと、インターネットバンキングも種類によってメモ機能がない場合もあり、全ての銀行の明細を同じ方法で管理できないという課題があった。

 タグ・フリーワード検索機能の追加によって、複数の口座の明細が統一されたユーザーインターフェース上に集約でき、インターネットバンキングの種類を問わず全ての銀行の明細にタグを付けて管理が可能となる。また、タグや通帳に記帳される明細の名称で過去の明細を検索することができるため、紙や通帳に比べて検索性が高く、明細の保管期限は無制限のため過去何年分でもさかのぼって明細を検索でき、資金使途管理を効率することができる。