NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)とALBERT(アルベルト)は、「AI開発の内製化」を可能にするAI・画像認識ワークステーション「タクミノメ」の提供を11月25日に開始した。これにより、導入企業は環境構築の負担を減らし、素早く自社内でAI画像認識モデルの構築に取り組むことができる。

「タクミノメ」の効果

 昨今、人手不足やスキル継承、品質の平準化といった課題を背景に製造業向けの検品・検査や異常検知などの領域をはじめ、さまざまな産業で従来の人の目による目視よりも正確で効率的な手法として画像認識AIの需要が高まっている。今回、NTTPCのAIコラボレーションプログラム「InnovationLAB」を通じて、NTTPCとALBERTが連携し、AI・画像認識ツールを組み込んだGPUワークステーションをサポートも含めてNTTPCからパッケージ提供する。

 タクミノメは、画像の主要な被写体が何かを識別する「画像分類」、正常状態を認識させ正常から外れた部分を検知する「異常検知」、学習させた物体を画像内から矩形で検出する「物体検出」、学習させた物体を画像内からピクセル単位で検出する「領域検出」の4つのタスクに対応することで、画像認識に関するニーズをカバーすることができる。

 アノテーション、学習、推論実行/比較、デプロイの4ステップにより、AI画像認識モデルの構築・実装を一気通貫で行うことができ、AI開発の内製化を実現。また、AI画像認識モデルの識別根拠となった領域(注視領域)を重要度に応じて強調するヒートマップで可視化することができるため、今までブラックボックス化していた識別根拠を直感的に把握し、AI画像認識モデルの精度を向上する。

 従来、専門的な知識を要するコマンド入力などプログラミング知識が必要だったが、直感的なGUIを備えた同製品では、ノーコードで誰でも簡単に操作が可能。AI開発の内製化を促進する。