自治体と住民をつなぎ、スムーズな双方向コミュニケーションを実現するHENNGEの「SumaMachi」が、大分県別府市で導入された。
 


 SumaMachiは、自治体と住民のスムーズな双方向コミュニケーションを実現。これまで自治体の各部署が行っていた住民への情報発信を一元化・デジタル化することで業務効率化を図ることができる上、個人情報は厳重なセキュリティで保護している。さらに、住民側の課題やニーズも汲み取りやすくなるほか、緊急時にも迅速に情報発信できる。自治体側には、PCやタブレット端末で簡単に操作できる管理ツールを提供する。住民は、無償のアプリやスマートフォンブラウザーで利用できる。

 別府市では、12月13日から市内の公立保育所でSumaMachiの正式運用を開始した。これにより、保護者からの欠席・遅刻連絡がオンラインでやり取りできるようになる。また、SumaMachiのアンケート機能では、保護者からの回答結果をリアルタイムで集計できるほか、保育所からの配布プリントをデータで保護者へ届けられるため印刷作業が不要になるなど、職員の事務負担軽減にも期待できる。

 なお、20年2月にHENNGEは別府市と「別府ツーリズムバレー構想推進に関する包括連携協定」を結び、さまざまな施策を展開している。