NTTデータは、クラウドを活用したデジタルビジネス推進を目的にAmazon Web Services(AWS)と戦略的協業を22年1月1日に開始する。AWSの技術支援などを活用し、DX推進体制の強化、AWSを活用した新サービス開発、人材育成や研究開発に取り組み、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる。
 


 昨今、迅速なDXビジネスの立ち上げや既存システムのコスト削減・業務の効率化を目的としたクラウド導入が加速しており、最新技術を安心安全に活用するケイパビリティが求められている。NTTデータでは、今回のAWSとの戦略的協業により、両社の強み・得意分野を最大限発揮した、DXビジネスの創出やそのオファリング強化などの実現を目指す。

 主な取り組みは、これまでNTTデータが培ってきた大規模・ミッションクリティカルシステム案件に関する知見・経験、DXビジネスに関する推進力・最適な課題解決力と、AWSのさまざまな業種・業態でのクラウド活用の専門知識・最先端技術を掛け合わせ、顧客のクラウド導入・DXを推進する体制を構築する。

 具体的には、NTTデータがこれまでAWSのプレミアコンサルティングパートナーとして数多くの顧客にクラウドを導入してきた実績で培ったプロジェクトマネジメントのノウハウと、AWSのプロフェッショナルサービスが保有する知見を組み合わせ、顧客がクラウド導入する際の網羅的な品質向上の仕組みや特別サポート体制を構築し、顧客のニーズに最適なクラウドを安心して活用できるように支援する。

 また、NTTデータが得意とする顧客ビジネスの課題やニーズに沿ったソリューションと、AWSのクラウドサービスを組み合わせ、同社独自のサービスを開発する。すでに同社で取り組んでいるAWSを活用したデータ収集・分析領域やセキュリティ領域の強化に加えて、新たなサービスの開発を協業の枠組みで検討し、顧客の事業成長を通じた社会への貢献を目指す。開発したサービスについてはAWS Marketplaceなどを利用して市場へ展開、マーケティングを行う。

 さらに、AWSから提供されるトレーニングなどを活用し、NTTデータでは国内グループ約2300人(21年8月末)のAWS技術者を25年3月末までに5000人に増やす。また、コンサルティングや先進技術の活用を支援できる人材も育成し、顧客のDXを支援する。

 このほか、今回の協業で最新デジタル技術の活用や新たな研究開発にも取り組む。取り組みの成果は、ビジネス価値を創出する社内標準Altemistaのソリューション群に取り込み、環境変化に即時に対応でき安心安全なシステム開発を行っていくことを目指す。