日本システムウエア(NSW)とPTCジャパン(PTC)は、AR活用で建設現場の生産性向上を図る新サービス「ConstAR(コンスター)」の提供を3月31日に開始した。

新建設物の建設位置をARでシミュレーションして合意形成で活用

 人材不足や働き方改革が大きな課題となっている建設業界では、作業員の生産性や作業効率の向上が期待できる、効果的なデジタル活用と新しい働き方の推進が求められている。こうした状況の解決に向け、NSWとPTCは、昨年6月から建設業界のデジタルツイン構築と新ビジネスモデルの支援に向けた協業を開始し、その一環として今回、建設現場にARを取り入れたConstARを提供する。

 ConstARは、デジタル構築を強みとするNSWが、精度の高いARコンテンツを短時間で開発するPTCのARソリューション「Vuforia Studio」をベースに、建設現場向けに最適化したARサービスとして販売するもの。

 ARを活用することで、実寸図面の参照や大型機器の現場搬入時の動的な干渉などの確認ができるほか、機材でスキャンした空間情報を取り込むエリアターゲット技術により、作業者が空間に入ると、そのエリア内の適切な場所に表示されるARコンテンツから適切な情報を得られるため、正確に現場の設備、各部材、配管、配線の配置場所などを把握することができる。また、BIMデータを活用した建築イメージの共有や改修工事での完成図との照合、計画時点での外観の確認といった進捗状況の把握など、建築の品質を向上しながら設計・施工・設備管理・保守点検の支援での業務効率化を実現し、働き方改革を促進する。