ニュース

住友ゴムとNEC、タイヤ開発の匠のノウハウをAIで再現、次世代への技術伝承を推進

2022/11/17 13:00

 住友ゴム工業とNECは11月15日、タイヤ開発における熟練技術者のノウハウをAI化した「匠設計AI」を発表した。タイヤの官能評価の解釈に関するコミュニケーションを、AIが学習できるデータとして体系化し、AIによる官能評価の解釈と改良案の提示を可能とした。住友ゴム工業はAIを活用した業務効率化、高度な技術開発への人材集約などを進めるとともに、属人的な熟練技能を見える化し、次世代への技術伝承も図る考えだ。

 タイヤ開発においては、試作後にテストドライバー(ライダー)が実車で乗り心地などを体験し、官能面についてのコメントなどを参考に改善点を抽出している。ただ、同じ現象でもテスト担当者によって表現が異なったり、定性的な評価に擬音が用いられたりしており、正しい理解にはテスト担当者と熟練設計者の間におけるコミュニケーションに頼る部分が大きかった。加えて、理解した結果を基に改良案を導き出すノウハウも熟練設計者に集中しており、開発プロセスが属人的になりがちだった。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

NECがデータ起点でコアDX事業を加速、三つの新たな取り組みを発表

NECがグローバル5G事業の重点施策を発表 Open RAN市場でシェア拡大を目指す

NECとカゴメ AI活用で「AI(愛)のプリン」を開発 子どもの野菜嫌いを克服

外部リンク

住友ゴム工業=https://www.srigroup.co.jp/

NEC=https://jpn.nec.com/