ニュース

NEC、ローカル5G用サーバーの新製品 エッジコンピューティング環境を低コストで構築

2023/01/12 16:00

週刊BCN 2023年01月16日vol.1953掲載

 NECは2022年12月23日、ローカル5Gネットワーク上でエッジコンピューティング環境を構築するための新製品「ローカル5G用UPF MEC統合版」を発表した。2月15日より出荷を開始する。複数のサーバーを組み合わせる必要があった従来製品の機能を1台のサーバーに統合し、コストや収容スペース、構築期間を削減できる。

 5Gでは、4Gまでのモバイルネットワークに比べ、通信遅延を短時間に抑えられるという特徴がある。このメリットを最大限生かすため、5G端末から得られたデータをインターネット上のクラウドに転送して処理するのではなく、基地局の近傍に設置したサーバー内で処理する「MEC(Multi-access Edge Computing)」のアーキテクチャーが提案されている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

NECがデータ起点でコアDX事業を加速、三つの新たな取り組みを発表

NECがグローバル5G事業の重点施策を発表 Open RAN市場でシェア拡大を目指す

NECとカゴメ AI活用で「AI(愛)のプリン」を開発 子どもの野菜嫌いを克服

外部リンク

NEC=https://jpn.nec.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>