ニュース

freee、「freee人事労務」の基本料金を廃止 法改正対応へサービスも拡充

2023/03/09 16:00

週刊BCN 2023年03月13日vol.1960掲載

 freeeは3月2日、「freee人事労務」の料金プランを刷新し、全プランで基本料金を廃止した。働き方改革関連法を受け、2023年4月から中小企業の時間外労働における割増賃金率が50%へと引き上げられることから、中小企業が導入しやすい環境を整えた。24年4月には、医療、建設、運輸の3業界で残業規制が強化される予定で、同社は業界に特化したチームを発足させるなど、サービスの拡充を図る考えだ。

 従来のプランはいずれも基本料金と1IDあたりの料金で構成され、新プランではID料金のみで提供される。「ミニマム」「スターター」「スタンダード」「アドバンス」の4種類が設けられ、最もシンプルな「ミニマム」では基本的な給与計算関連の機能のみが利用でき、上位に進むほど、労務や勤怠、人事などの機能などが付与される。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

freeeがクラウド販売管理サービスを提供開始、freee会計との連携に強み

<パシャリ!広報のヒト>(Vol.17)freee 佐藤知世

OSKとfreee、「SMILE V 会計」と「入出金管理サービス」を連携

外部リンク

freee=https://corp.freee.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>