OSKとfreeeは、企業のDX推進に向けて業務提携し、OSKの「SMILE V 会計」とfreeeの「入出金管理サービス」が連携した「入出金明細連携機能」の提供を1月28日に開始する。
 

「SMILE V 会計」と「入出金管理サービス」が連携

 入出金明細連携機能は、金融機関の入出金明細をAPI経由でSMILE V 会計に取り込み、仕訳データを簡単に作成できる機能。都銀・地銀など、主だった金融機関に対応しているため、普段使用している金融機関口座を利用することができる。

 同機能を利用することで、金融機関へ記帳に行く手間を省き、オフィスや自宅など、場所を選ばず入出金明細の取込・仕訳作成が可能となる。取り込んだ入出金明細をもとに仕訳の候補が表示されるため、通帳明細を見ながら仕訳を1件ごとに手入力する必要がなくなる。また、過去の仕訳ルールを辞書に蓄積していくため、使えば使うほど表示される仕訳候補が正確になる。

 SMILE V 会計では、入出金明細連携機能により、経理業務を効率化し、長時間労働の抑制やリモートワークの促進を支援していく。

 SMILE Vの価格は、基準情報が5万5000円から、会計モジュールが22万円から。