ニュース

日本オラクル、「日本のためのクラウド提供」に注力 自社技術へのAI導入、AI 開発支援も促進

2023/07/13 16:00

週刊BCN 2023年07月17日vol.1977掲載

 日本オラクルは7月6日、2024会計年度の事業戦略説明会を開き、三澤智光社長は重点施策として「日本のためのクラウドを提供」「お客様のためのAIを推進」の2点を紹介した。前年に引き続き、日本のレガシーシステムのモダナイズに向けて注力するとともに、自社が展開するソリューションへのAI導入、「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)によるAI開発支援も促進し、技術進化の恩恵を多様なユーザーが享受できるようにする方針だ。

 「日本のためのクラウドを提供」の具体的な取り組みについては、顧客のデータセンターにOCI環境をIaaS、PaaS、SaaSの全レイヤーで構築する「Dedicated Region」、その環境の運用までも顧客側で実行でき、顧客が自社のクラウドサービスとして販売も可能となる「Oracle Alloy」による専用クラウドの提供などを挙げた。専用クラウドに関して三澤社長は「オラクルにしかできない」とアピール。第二世代のクラウドであるOCIの優位性を生かし、市場での存在感を高める考えを改めて示した。ガバメントクラウドへのコミットメントや、ERPをはじめとしたアプリケーション領域におけるITコスト構造の変革実現などにも取り組むとした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

巻き返し図るオラクル 「分散クラウド」戦略の優位性

日本オラクルが「CloudWorld Tour Tokyo」を開催 顧客の課題解決に資する姿勢を強調

日本オラクル、ガバメントクラウド移行へ支援加速 パートナー向けトレーニングを全国展開

外部リンク

日本オラクル=https://www.oracle.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>