ニュース

Cohesity Japan、代表取締役社長に倉橋秀則氏が就任

2024/02/15 15:15

 AIを活用したデータセキュリティとデータ管理のリーダーである米Cohesityは、倉橋秀則氏をCohesity Japanの代表取締役社長に任命した。

倉橋秀則氏

 倉橋氏は、ICTとサイバーセキュリティの企業で30年近くの営業や技術の経験。同氏は新しい職務でCohesityの日本事業を統括し、より多くの顧客やパートナーに、Cohesityの最新のAIを活用したデータセキュリティとデータ管理ソリューションを採用してもらえるよう取り組んでいく。

 倉橋氏は、データ管理とデータセキュリティに関する幅広い経験を有し、日本での戦略的営業、GTM(Go-to-Market)、技術的イニシアチブを主導してきた。直近では、CyberArk Software(CyberArk)の執行役社長として、日本でのアクセス管理とアイデンティティセキュリティ事業の展開と強化に従事してきた。またCyberArkは、データセキュリティとサイバーレジリエンスに関する先進的な機能を提供するデータセキュリティソリューションとサービスを提供する企業を集結したCohesityのData Security Allianceのメンバーでもあり、このことはCohesityのテクノロジーとターゲット市場への倉橋氏の精通度をさらに高めている。

 CyberArkへ入社する前は、Commvault、Dell Technologies、Exar Corporationで日本カントリーマネージャー、シニアリーダーを務めた。それ以前は、Dell、NetApp、EMC、アルゴグラフィックスの各社でシステムズエンジニアリングやソリューション開発の職務を歴任した。営業と技術の両方の経験を兼ね備えることで、顧客の複雑な課題に対処し解決するために不可欠な強い顧客中心主義と技術的なノウハウを身につけてきた。
  • 1

関連記事

Cohesity Japan、バックアップデータの脅威検知ソリューションの提供を開始

Cohesity Japan、データバックアップをSaaS型で提供 データの一元的な管理を実現

Cisco SecureXと統合した初のデータ保護ソリューション、米Cohesityが発表

外部リンク

Cohesity Japan=https://www.cohesity.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>