今日からしばらくの間、いわゆる「クラウドコンピューティング」の動向について、日頃観察していて気がついたことや、情報産業側の立場から見た私的クラウドを週2、3回のペースで紹介する。

 私の日頃の活動分野であるRIA(Rich Internet Applications)、EAI(Enterprise Application Integration)ツール市場から、これらを活用したクラウド環境の現状などを、現場からTwitterのようにつぶやく(ぼやき)。

 簡単にこれらの分野を説明しておきましょう。RIA(リア)は、ひと昔前にはリッチクライアントといわれていた分野だ。このテクノロジーはようやく普及し始めてきていて、クラウド環境でも一つのコア技術になっている。EAIは、サービスハブや連携サービスといわれ、既存データやクラウドのデータをリアルタイムで接続し、データをシステム間で有効活用する方法である。詳しい内容は、IT用語サイトなどでご確認いただければと思う。これら二つの分野はクラウド環境では重要なテクノロジーで、クラウドベンダー、アプリケーションベンダーには必ず必要になってくる要素だ。

 さて、本題です。今は、人員もIT費用も削減されるのが当たり前になってきている時代。昨今は企業の情報システム部門に、人材が豊富に配置されているわけではない。とくに中堅・中小企業では、その傾向が顕著だ。

 現場での経験から、一つのエピソードを紹介しよう。わが社は毎月、体験セミナーを開催していて、参加されるエンドユーザー様に、その場でRIAへの興味の度合いや現状のお困りな点、現在のシステム構成などを聞いています。営業としては、非常に貴重なヒアリングになる。先日、そのセミナーに中堅の物流系企業の情報子会社から2人が参加したとき、さっそく詳細を聞いた。特殊なケースかもしれないが、そこには、正直いって非常に驚かされる実態があった。

 この物流系企業は、IT全盛の頃にシステムをどんどん増やし、またこの情報子会社経由の外注先への依存度も大きく、現状のシステムに至っていた。このところの不景気で、少ない人数でシステムを管理しなければならなくなっている。しかし、システム管理までは何とかできても、メンテナンスは発生するし、機器も古くなる。ちょっとしたシステム変更が生じても、プログラムを作成した人が在籍していない状況で、仕様書もない。とりあえずデータだけ別のデータベースへ移行し、システムを延命しているのが現状だとか。

 このようなありさまでいいのだろうか……、と思いつつ話を聞いていたのですが、彼らの話はだんだん愚痴になっくる。「このシステムはここがまずいんですよ、前任者がなぜそうしたのかわからない。まったく困り果てています……」って約2時間。内容も内容ですが、よく聞いていたな、と自分に感心した次第だ。

 これは笑い話ではない。どの企業も、少なからず思いあたる節があるのではないか。子会社や外注に任せっきりになり、システムを管理することに追われ、気がついたら、一つひとつのシステムが分からなくなっている。さらには、特定の人にしかわからない「人材に依存したシステム」になっているわけだ。

 かつて、企業のIT部門は、システム開発を手がけ、隅から隅まで。ある程度は把握していた。自力でプログラム開発ができる範囲も、それなりに広かったはずだ。それが、いつの間にか開発は専門の企業にお願いし、言語も複雑なツールを使うことが主流になっている。.NET Java PHPなどの記述言語を使いこなせるエンドユーザーは、どれくらいるのだろうか。

 一時期はやった「エンドユーザコンピューティング」という言葉の通り、開発ツールベンダーはプログラム開発をエンドユーザーに返すべきだ。クラウド開発環境にも、共通する点が大いにある。システムもアプリケーションも、本当にエンドユーザーが行わなければならない時期にきているのではないだろうか。そしてそのためには、楽にプログラム開発ができる環境が必要――。そんな便利な魔法、ほしくなりますね。

・次回に続く


●BCN/Biz IT Pressとは

 「ITスペシャリストが論じる『BCN/Biz IT Press(ビービップ)』」は、IT業界の専門家や関係者がIT関連の事柄をいつでも自由に論じることができる新コーナーです。“Twitter感覚”で編集部に投稿いただき、内容を見た上で掲載します。基本的には、すべての方に無料で掲載できるよう門戸を開放しています。ご希望の方は、お問い合わせフォームより「ビービップ宛て」とご明記の上、投稿していただければ、編集部で文章を校閲し、掲載いたします。ご自身のTwitterやBlog、Facebookなどの知名度を上げたいと考えている方などにも利用していただけるコーナーです。

BCN Bizline編集部