原点に立ち返り、変革への挑戦

佐藤宏 社長
 日本経済が少し回復したといわれた2010年だが、ユーザー企業の業績が好転するにはまだ早すぎて、当社にとって厳しい状況が続いた年だった。ICTの市場環境が大きく変わっているなかで、2011年は、マネジメントレベルで社員の意識改革に全力で取り組まなければならないと痛感している。意識改革にあたって、まず、「業界が変化しているのに、自分だけが変わっていない」ということを、社員に気づかせるのがポイントとなる。

 ネットワーク環境のクラウド化が進んでいることによって、当社のクライアント層が拡大している。2011年は、従来通りにエンドユーザーの企業にクラウド技術を取り入れた製品を販売すると同時に、新たにクラウド事業者に技術基盤を提供することに注力していく。日本ユニシスグループがもっているクラウド技術を活用しながら、グループ全体で、プライベートクラウドとパブリッククラウドの相乗効果を図りたい。

 しかし、クラウドの普及に伴って、サービス事業者の間の価格競争が激しくなっており、ICT関連製品が低価格化する危険性が高い。当社は低価格化を避ける対策として、ROI(投資対効果)モデルの採用を検討している。具体的には、当社製品の導入によるプロフィットの何割かを当社に払い戻してもらうということだ。当社製品でいかに利益に貢献するかをお客様に積極的に訴求するために、メーカーとのタイアップの強化に取り組んでいく。