竹原教博 社長
 重点3事業であるネットビジネス、ヘルスケア、ERPの「GRANDIT」はともに成長を維持しており、2014年3月期で売上高400億円という目標の達成に向け、大きな手応えを感じている。このうち、ヘルスケア、GRANDITのITサービス分野は、2014年は刈り取りの年と位置づけている。2013年の期初は、景気回復の状況もまだら模様という印象だったが、下期はIT投資が着実に復活してきている。

 ヘルスケアは放射線情報システムが現在の主力だ。2013年1月にこの分野に強みをもつITホールディングスグループのAJSから関連事業を譲受し、営業力、開発力を強化している。非常に活気のある状態といえる。2012年に販売を開始した救急車車内映像伝送システムなども、成果が期待できる時期に入った。コ・メディカル(看護師など医療従事者)向けや在宅医療など、幅広い分野の商材を用意して、売り上げを確保する方針だ。

 GRANDITは、引き続き販売パートナーの拡充に取り組む。13年9月末時点で57社だが、これを14年3月末には70社に伸ばしたい。業界内の認知度も高まってきているので、14年は本格的に業績に反映されてくると期待している。また、ライセンス自体の引き合いは多いが、13年は受注になかなか結びつかなかった。これも、14年には結果が出ると考えている。

 こうした構想を現実のものにし、大きく飛躍するためには、社員が常に進化し続けることが必要だ。そのための舵取りをする。