ソニーと凸版印刷、朝日新聞社、KDDIの4社は、電子書籍の配信などを行う事業企画会社を、2010年7月1日をめどに設立する。年内には事業会社に移行し、サービスを開始。国内初の電子書籍配信のプラットフォーム構築を目指す。米ソニー・エレクトロニクスの野口不二夫シニア・バイス・プレジデントは、「機は熟した。今年は電子書籍元年になる」と宣言する。

 「文化の継承だと思っている。重要な役割を担うことになる」。野口氏は、電子書籍の配信事業が社会的意義を帯びていると説明する。北米の成功で培ったソニーの経験を、国内事情に合わせたビジネスモデルの創出に生かす考えだ。他企業の参加も募っていく方針。「ソニーや凸版印刷などにとっての競合も参加しうる。とにかく壁をつくらない」。

 なお、ソニーは電子書籍専用端末「Sony Reader」を年内に発売する予定。満を持して国内市場に再参入する形となる。(信澤健太)