中国や東南アジア地域など、日系ITベンダーの海外現地法人では、中長期的な目標のひとつとして、「経営の現地化」を掲げることが少なくありません。マネジメント層の現地社員を育てることで、海外特有のビジネス文化や商慣習に対応しやすくなるからです。

 しかし、これを実現している企業はごく少数。むしろ、現地法人の経営上の課題について、「人材の安定した確保」を挙げる日本人経営層がとても多いのが実情です。転職を通じたキャリアアップが主流なアジア各国では、日本と同じ人事制度では現地社員を育成しにくいという背景があります。

 社員のモチベーションを高めながら、長期的に働いてもらうにはどうすればよいのか。NCS&Aの中国現地法人では、「誰も辞めない会社」を目指して、人材定着率を高めるための施策を講じています。(上海支局 真鍋武)