%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%A8.jpg

 以前、「スタートアップ」連載のコーナーに登場していただいたスタディストが、海外展開を本格スタートしました。進出先はタイ。同国に本社を置くキヤノンマーケティングジャパングループの「Material Automation(Thailand)」、日本駐車場開発のタイ現地法人「NPD Healthcare Service(Thailand)」とパートナー契約を結び、半年で50社、2020年2月末までにASEANで400社の導入を目指すとのことです。

 IT分野において、グローバルスタンダードとなった知名度のある日本製品は、残念ながらそれほど多くありません。だからこそ、“日本発”として世界を狙うスタートアップを応援したい気持ちになります。以前このコラムでも書きましたが、スタディストはここまで順風満帆だったわけではなく、とくに創業期にはかなりの苦労を経験していました。そんな企業のうれしいニュース。これからもがんばってほしいですね。(前田幸慧)